シュレッダー基礎知識

シュレッダーの投入口は危険?子供の指や髪の毛、ネクタイの安全対策は?

シュレッダー 投入口 安全対策 子供の指 引き込まれ 切断

かつて世間を騒がせたシュレッダーの引き込まれ事件。

2005年の個人情報保護法により、シュレッダー需要が非常に高まり、安い中国生産の安全性を軽視した製品が大量に市場に投入されました。

それにより、2006年に立て続けにシュレッダーによる指の引き込まれ事故が多発。

ヤギくん
ヤギくん
子供の指が切断されたみたいだね・・・
ヤギ先生
ヤギ先生
当時はかなり騒がれたよね~

当時の情報だと、市場製品の検証テストの結果、市場にあるシュレッダー17機種の内44%が指が引き込まれ切断の可能性あり、との驚くべき結果でした。

現在は指の切断事故はニュースになっていませんが、現状はどうなのでしょうか?

シュレッダーのプロである著者がシュレッダーの指の切断の可能性や安全性について解説します。

シュレッダー安全基準の設定により事故ゼロへ!

結論から言うと、シュレッダーの指の巻き込まれ事故はゼロになりました。

ヤギくん
ヤギくん
そうなんだ!良かった~

なぜか?

それは相次ぐ事故により、シュレッダーの投入口に安全基準が法律として規定されたからです。

ヤギ先生
ヤギ先生
大々的なニュースになったことで、国や各メーカーの対策が非常に早かったんだよね

内容としては下記です。

  • シュレッダーの投入口隙間の規定
  • シュレッダーの投入口からカッターまでの距離の規定
  • クズを取り出すときにシュレッダーを動作不可にする
  • 使用者が電源を速やかに遮断できるスイッチを設置
  • 注意や警告の表示義務

これは法律なので日本で販売している製品は、上記の基準を全て守らなくてはなりません。中国生産品でも必ず守らなければなりません。

ヤギ先生
ヤギ先生
電気用品安全法という法律で定められているよ

この法律整備によって、シュレッダーは安全になったと言えます。

特に大きいのは、シュレッダーの投入口の隙間とカッターまでの距離についての規定です。

シュレッダーの投入口隙間とカッターまでの距離の基準

基準は明確です。

シュレッダーの開口部(カッターが見える部分)に下記の写真の試験指がカッターなどの可動部に触れることが無いか?です。

子供の指を想定した試験指です。

シュレッダー 投入口 安全対策 子供の指 引き込まれ 切断

さらにシュレッダーの投入口に関しては、下記のプローブと呼ばれる試験片で隙間が適切か?を判断します。

シュレッダー 投入口 安全対策 子供の指 引き込まれ 切断

設計段階でこれを基準として設計をすることで、指が入らないということです。

さらに製品完成後の出荷検査でも、上記のプローブで確認試験を行い、最終試験をパスしたことを確認して出荷します。

国の方でもnite(ナイト)と呼ばれる機関が定期的に市場の製品の抜取検査を行っています。

ヤギくん
ヤギくん
試験指やプローブで簡単に安全性が確認が出来るね

このようにメーカーだけでなく国の方でも、二度と同じ事件が起きないように厳しく確認をしているというわけなんです。

シュレッダーで髪の毛やネクタイ、カードホルダーが引き込まれた?

シュレッダーの子供の指事件以降は同様の指の引き込み事件は起きていません。

しかし、けっして安全だからといって油断しないようにしてください。

確かに人の指に対しては、規格も出来て非常に安全な設計になっています。

しかし、それ以外の事故(ニュースになっていない場合がほとんどですが)は意外と多く起きています。

特に多いのは女性の髪の毛やネクタイ、カードホルダーです。

ヤギ先生
ヤギ先生
私の知人でも髪の毛が巻き込まれた人がいたよ。幸い怪我はなかったけど・・・

シュレッダーの投入口が狭くて、カッターまでの距離が遠いと言っても、髪の毛やネクタイやカードホルダーは巻き込まれる可能性が有ります。

大惨事になることはまれではありますが、危険であることは間違えありません。

もう一度言います。

シュレッダーをするときは、髪の毛やネクタイ、カードホルダーに気を付けましょう。

また、家庭でもお子さんがいる場合は髪の毛や服の巻き込みも考えられるので、シュレッダーを使わないときはコンセントを抜いておきましょう。

シュレッダーの投入口は危険?まとめ

以上がシュレッダーの投入口の危険性や安全性の規格についての解説です。

まとめると

[box class=”pink_box” title=””]

  • 2006年に子供の指の巻き込まれが多発
  • シュレッダーは投入口の規格より安全性向上
  • それ以降指の巻き込まれ事故は起きていない
  • それでも髪の毛やネクタイ、カードホルダーには要注意

[/box]

シュレッダーは法律により安全性が向上し、指の巻き込まれ事故は無くなりました。

しかし、髪の毛やネクタイ、カードホルダーの巻き込まれは意外と多く起こっています。

幸い大きな事故にはなっていないようですが、危険であることは間違えありません。

ヤギくん
ヤギくん
事件後は危険意識は高かっただろうけど、今はあまり危険というイメージは無いよね
ヤギ先生
ヤギ先生
シュレッダーはカッターを使っていて回転物なので非常に危険でるという意識を持ちましょう!

最後に、

シュレッダー作業をするときは、髪の毛やネクタイ、カードホルダーに気を付けましょう!

また、家庭ではお子さんが容易に使用できないよう、コンセントを抜いておくなどして対策をお願い致します!

数百種類のシュレッダーを見てきた著者が厳選するシュレッダーを知りたい方は、下記の記事をチェック!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です