シュレッダー基礎知識

【プロ解説】シュレッダーのクズがかさばる?細断サイズとクズ容量や体積の関係とは?

プロ解説 シュレッダー クズ かさばる 細断サイズ クズ体積 関係

シュレッダーのクズってかさばるんだけど、どうにかならないの?

シュレッダーを使ったことある方ならこんな不満を持ったことがあるでしょう。

ヤギくん
ヤギくん
ふわふわしててスカスカなんだよね~

クズが満杯になったけど押し込めばまだ使えるし、押し込まないとスカスカだからクズ袋がもったいないし・・・いっそのことクズが固まって出て切ればいいのに・・・

今回はそんなシュレッダーのクズのかさばりについて、シュレッダーのプロである著者がシュレッダーのクズのかさばりと細断クズの大きさについて解説します。

シュレッダークズのかさばりが気になる方は是非読んでみて下さい!

シュレッダーのクズのかさばりは細断サイズに影響する?

あまり知られていない事なのですが、シュレッダーのクズ容量は細断サイズに非常に影響します。

上の写真を見てもらえばわかる通り、青色のクズのクズはピンク色のクズの体積に比べて1/3くらいになっていますね。

これは同じ量の紙を切った場合だそうです。

ヤギくん
ヤギくん
え!こんなに違うの!!

同じクズ袋でも青色の細断サイズであればピンク色の比べて3倍のクズが入るというわけです。

つまり細断サイズが小さければ小さいほど「クズをいちいち圧縮するような面倒な作業が減る」、「同じクズ袋に多くのクズを収容できる」、「クズ交換の回数が減る」ということになります。

ヤギ先生
ヤギ先生
みんなが嫌なクズ作業が減らせるんだね!

シュレッダーのクズのかさばりを減らす細断サイズとは?

細断サイズが小さいと言っても、どのくらい細かさなら良いのかわかりませんよね?

一般的にシュレッダーは細断サイズが小さくなればなるほど価格は高くなります。

また、業務用であれば細断サイズが細かい機種もありますが、家庭用だとそこまで細かい細断サイズのものはありません。

どうしたらいいの?

ヤギくん
ヤギくん
ここでシュレッダーのプロの出番だね!

まずは家庭用から見ていきましょう。

家庭用シュレッダーでクズのかさばりを低減!

家庭用シュレッダーの場合、一番細かく細断出来るタイプで2×10mm前後です。

面積的には40mm2以下(4×10mmや3×10mmや2×15mmとか)であれば効果は有りますので、これを基準に探してみましょう。

いくつかピックアップしてみました。

安く済ませるならアイリスのP3GMですね。

細かく細断出来るタイプとしては非常に安いです。とりあえず価格重視という方はP3GM-Wにしましょう。

価格よりも性能や騒音などの全体的な品質を重視するならアイリスのPS5HMSDですね。

性能面から言えばかなり安いので、非常にお買い得な製品と言えるでしょう。

他にもおススメ商品が知りたい方は、下記の記事をチェック!

小規模オフィス業務用シュレッダーでクズのかさばりを低減!

小規模オフィス用の業務用シュレッダーで一番細かく細断出来る2×2mmの商品がありますが(後に紹介します)、それ以外は家庭用とほぼ同じで2×10mmくらいが最小です。

面積的には40mm2以下(4×10mmや3×10mmや2×15mmとか)であれば効果は有りますので、これを基準に探してみましょう。

いくつかピックアップしてみました。

価格重視の方はフェローズの450Mが良いでしょう。

細断性能が良いにもかかわらず、激安価格です。これは買いですね。

価格よりも性能や騒音などの全体的な品質を重視するなら明光商会のMSQ-77MCMです。

非常に高い細断性能を誇り、全体的な品質レベルはかなり高いです。この性能と品質でこの価格なら非常にお買い得です。

より細断クズの細かさを追求するならアスカのS65Mです。

この製品は他の製品と違ってカット方式が全く違います。なので2×2mmという非常に細かい細断サイズが実現しています。

この切り方はスパイラルカットやダブルカットと言って、2種類のカッターで細断していく細断方式で、珍しいタイプのシュレッダーです。

この細断方式の特徴は、クズが曲がったり、くの字にならないのでクズのかさばりが非常に抑えられる特徴があります。

下記の写真の真ん中のタイプです。

ヤギくん
ヤギくん
本当だ!細断サイスが小さくないのに体積が少ないね!

アスカのS65Mは、この特徴にプラスしてクズが小さいのでより体積は減るでしょう。

他にもシュレッダーのプロがおススメするシュレッダーを下記で紹介しています。気になる方はチェック!

シュレッダーの細断サイズとクズ体積の関係とは?まとめ

2018 プロ おススメする 厳選シュレッダー 手動 電動 家庭用 業務用 ご紹介

以上がシュレッダーの細断サイズとクズ体積についておすすめシュレッダーのご紹介でした!

クズ交換やクズの圧縮作業が面倒だ!という方は多いと思いますが、細断サイズとクズの体積に関係があるというのは意外と知られていないんですよね。

もし今後シュレッダーを買う機会が有ったら、クズの大きさはセキュリティー性以外にもクズの体積に関係していることを思い出してみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です