シュレッダー業務用

【プロ厳選】おススメ業務用シュレッダー!小規模スモールオフィス向け!

プロ厳選 おススメ 業務用 シュレッダー 小規模 スモールオフィス 向け 静音性 大容量 細断能力 オートフィード

このページは今まで数百種類のシュレッダーを見てきたシュレッダーのプロである著者が小規模オフィス用の業務用シュレッダーを

  • 静音性
  • 大容量
  • 性能
  • オートフィード(自動給紙)

といった面からおススメ製品をご紹介しています。価格帯的には1万円から10万円です。

小規模オフィス用と言いましたが、中規模オフィスでもこちらで紹介している製品を複数台使用するのが効率が良いと思いますので、参考にしてみて下さい。

ヤギくん
ヤギくん
このくらいの価格でも性能良いのもあるんだよね
ヤギ先生
ヤギ先生
大型は価格も高いしね

「業務用欲しいけどあまり使わないんだよなぁ」という方は1万円以下の家庭用でも良いと思いますので、下記の記事をチェック!

静音性重視でおススメなのはサカエのemi15!【小規模オフィスの業務用シュレッダー】

まず静音性でおススメしたい小規模オフィスなどの業務用シュレッダーです。

業務中に近くてシュレッダーの音がするとけっこう気になりませんか?私はけっこう気になるんですよね。

せっかく集中していたのにあのうるさい音が鳴り気が散ってしょうがない、シュレッダーを遠ざけて!という経験をした方も多いのではないでしょうか?

ヤギくん
ヤギくん
シュレッダーってうるさい物という認識だよね~
ヤギ先生
ヤギ先生
そうだね。でも静かなシュレッダーもあるんだよ!

そんな方に著者がおススメしたいのはおススメシュレッダーでもご紹介したサカエのemi15です。小規模オフィスの業務用シュレッダーとしてはNo.1の静音性を誇ります。

主なスペックは下記になります。

最大細断枚数 A4 15枚
細断速度 約2.0m/min
細断寸法 4×28mm
騒音 50dB以下
連続時間 20分
メディア細断 CD,DVD
サイズ(cm) W26×D57×H40
重量 15kg

このメーカーは大手シュレッダーメーカーの製品を長年生産してきた知る人ぞ知るメーカーで、無名ですが実力はかなり高いです。まさに隠れたおススメ品なのです。

細断性能が若干低い感じがしますが、小規模オフィスで使う分には全く問題はありません。

それでも細断能力重視でもう少し最大枚数が多い方が良いという方は最大細断枚数が20枚

なるべくクズ交換を少なくしたいという方は微小細断のemi10を

検討してみてはいかがでしょうか?著者的にはバランスの良いemi15がおススメです。

ヤギ先生
ヤギ先生
細断重視、バランス、微小細断とシリーズ化しているんだね

やはりこの製品の注目すべきは抜群の静音性です。

このクラスのシュレッダーの騒音は平均60dBくらい、うるさい物だと65dBを超えますが、emi15の騒音値は50dB以下です。50dBとは静かな事務所レベルの騒音で、音圧レベルでは60dBを約1/3にすると50dBになります。

私は実際にこのemi15を使ったことがありますが、実際の動作音はもっと低かったです。これ動いてるの?と耳を製品に近づけてようやく動作音がわかったレベルです。

ヤギくん
ヤギくん
そんなに静かなんだ!

おそらくオーバースペック表記にならないように、だいぶ余裕を持ったスペック表示になっていると思われます。実際の騒音値は45dBくらいでしょう。45dBは図書館の騒音レベルです。

ヤギ先生
ヤギ先生
かなり静かだね~

騒音重視でとにかく静かなシュレッダーが欲しいという方はサカエのemi15がおススメです。

この他に静音性を重視した小規模オフィスようの業務用シュレッダーのおススメを知りたい!という方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。(準備中)

大容量でおススメなのは明光商会のMSQ-77MCM!【小規模オフィスの業務用シュレッダー】

続いてクズが沢山収容できる大容量タイプの小規模オフィスの業務用シュレッダーです。

細断しようと思ったら、細断出来ない・・・よく見るとクズが満杯。外れくじを引いてしまった・・・

シュレッダーを使ったことある方ならこんな経験したことありますよね。

ヤギくん
ヤギくん
クズの処理は散らかったりするから面倒!!
ヤギ先生
ヤギ先生
なるべく交換回数は少なくしたいよね

そんな方に著者がおススメしたいのは明光商会のMSQ-77MCMです。小規模オフィスの業務用シュレッダーとしてはクズを収容できる量はトップクラスです!

主なスペックは下記になります。

最大細断枚数 A4 15枚
細断速度 約3.3/3.8m/min
細断寸法 2×10mm
騒音 66dB
連続時間 30分
メディア細断 CD,DVD
サイズ(cm) W43×D30×H64
重量 29.5kg
クズ容量 34リットル

スペック表を見て気になるのは騒音の66dBです。先ほど静音性で説明した通り、このクラスの平均は60dB程なのでかなり大きい数値です。なのでうるさそうと思った方も多いのではないでしょうか?

しかし、これには誤解があります。

この製品は紙を細断している時の値をスペック表に表示しているので数値が大きめに出ており、実際の動作音は55dB程です。シュレッダーの騒音についてで詳しく書いてありますが、このタイプはそこまで騒音が大きくならないです。

しかも著者はこの製品が実際に動いているところを見たことがありますが、静かなタイプかな?といった印象を持っています。

なので、静音性についてはそこまで心配しなくても大丈夫です。

ヤギくん
ヤギくん
メーカーによって表記が違うので注意が必要だね

やはり一番注目したいのは細断したクズを沢山収容できる大容量ということですね。

まずは34リットルというクズ容量です。この価格帯では間違えなくトップクラス。なのでその分多くクズが収容できるということです。

そして微小細断もクズが多く収容できる大きなポイントです。細断サイズも2×10mmとなており、このクラスではトップクラスの細断サイズの小ささですね。

シュレッダーの細断クズについてでも紹介したように、細断サイズによりクズの収容量は大きく変わってきます。

通常の4×30mm程のクズと比べると2×10mmの細断サイズであれば同じ体積でも2~3倍くらいのクズを収容できるはずです。つまりクズ交換の回数が1/2~1/3に減るということです。

ヤギ先生
ヤギ先生
細断サイズはクズ収容量に大きく影響しているね
ヤギくん
ヤギくん
面倒なクズ交換頻度がこんなに減るのか!

面倒なクズ交換の頻度を減らしたい!という方は明光商会のMSQ-77MCMがおススメです。

この他に大容量の小規模オフィス用の業務用シュレッダーのおススメを知りたい!という方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。(準備中)

細断性能でおススメなのは明光商会のMSQ-73CM!【小規模オフィスの業務用シュレッダー】

続いて細断性重視の小規模オフィスの業務用シュレッダーです。

細断しなければならない紙が大量に・・・紙を入れすぎると詰まるし、オーバーヒートするし、少しずつ投入すると時間が掛かるし・・・シュレッダーに時間を掛けたくない!!と思った方も多いのではないでしょうか?

ヤギくん
ヤギくん
会議の書類などは下っ端の僕がいつも処理してたなぁ~
ヤギ先生
ヤギ先生
上司から「これシュレッダーしといて」と言われることもあるよね

そんな方には細断性能重視のシュレッダーか、オートフィーダーと呼ばれる自動給紙タイプを選ぶのが良いでしょう。

ここでは細断性能重視のシュレッダーをご紹介します。オートフィーダーについては次章を参照してください。

細断性能重視で著者がおススメしたいのは明光商会のMSQ-73CMです。小規模オフィスの業務用シュレッダーとしては細断能力ではトップクラスです!

主なスペックは下記になります。

最大細断枚数 A4 20枚
細断速度 約3.3/3.8m/min
細断寸法 4×40mm
騒音 66dB
連続時間 30分
メディア細断 CD,DVD
サイズ(cm) W43×D30×H64
重量 26kg
クズ容量 34リットル

騒音が大きくなっていますが先ほど説明した通り、実力的に動作音は55dB程なので心配する必要はないです。

今回は細断能力重視ということで、確認しておきたいのは最大細断枚数、細断速度、連続時間の3つ。

つまり一度に多く細断出来て、かつ細断の速度が速くて、かつ連続して使用できる時間が長ければ大量細断が可能ということですね。

シュレッダー業界では処理能力という表現をします。

シュレッダーの処理能力を詳しく知りたい方は下記の記事をチェック!

MSQ-73CMは最大細断枚数が20枚ということで、このクラスでは多いです。また、細断速度は3.3~3.8m/minそして連続使用時間も30分なのでこのクラスではどちらもトップクラスです。

なので、これらを総合した処理能力はこのクラスではNo.1です。

細断性能重視の方は明光商会のMSQ-73CMがおススメです。

この他に細断性能重視の小規模オフィス用の業務用シュレッダーのおススメを知りたい!という方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。(準備中)

オートフィードでおススメなのはアイリスのAFS150C-H!【小規模オフィスの業務用シュレッダー】

最後にオートフィード(自動給紙)タイプのシュレッダーです。

大量に紙をシュレッダーしたいけど、時間が掛かるのが嫌だ!!シュレッダーの作業時間なんて無駄だ!という方にはオートフィードタイプが非常におすすめです。

機械が自動で紙を給紙して細断してくれますので、あなたは紙をセットするだけで良いんです!

ヤギくん
ヤギくん
すごく便利だね!

オートフィードタイプで著者がおススメしたいのはアイリスのAFS150C-Hがおススメです。

主なスペックは下記になります。

最大細断枚数 A4 6枚
細断速度 約1.6/2.0m/min
細断寸法 4×10mm
騒音 53dB
連続時間 15分
メディア細断 CD,DVD
サイズ(cm) W43.5×D35.5×H52
重量 14kg
クズ容量 23.5リットル

オートフィードタイプなので、通常の投入では最大細断枚数が6枚しかないので注意しておきましょう。しかし、基本的には自動給紙で使用するので特に気にならないでしょう。

自動給紙は150枚までの紙を一度にセットすることが出来るので大変便利です。また、ホッチキスをしていても給紙してくれるのはうれしいですよね。

ヤギくん
ヤギくん
いちいちホッチキスを取るのは面倒だからね

自動給紙は製品によってよく詰まりますが(複合機などたまにありますね)、この製品は私が実際に試した限りでは非常に安定して給紙してくれました。詰まることはほぼ無いでしょう。

また、静音性が高いのも良い点です。動作音は53dBと非常に静かで、自動給紙で細断している時も蓋をしめて紙を細断しているので、紙のパリパリ切っている音も非常に静かです。

さらに、クズ容量がそこそこ多く、細断サイズが小さいので、多くのクズを収容出来ます。それに加えてクズを自動でならす機能もあります。

細断作業だけでなくクズ交換の作業についても負担を軽減してくれるのはありがたいですよね。

ヤギくん
ヤギくん
使う人のことを良く考えている製品だね!

オートフィーダーなどでシュレッダー作業を軽減したい!という方にはアイリスのAFS150C-Hがおススメです。

この他にオートフィーダーの小規模オフィス用の業務用シュレッダーのおススメを知りたい!という方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。(準備中)

【小規模オフィス】業務用シュレッダーおススメまとめ

以上がシュレッダーのプロがおススメする、小規模オフィス用の業務用シュレッダーのご紹介でした。

まとめると

静音重視でおススメなのはサカエのemi15

大容量でおススメなのは明光商会のMSQ-77MCM

細断性能でおススメなのは明光商会のMSQ-73CM

オートフィードでおススメなのはアイリスのAFS150C-H

この小規模オフィス用の業務用シュレッダーでも製品によって品質レベルは様々です。このくらいのクラスだと価格もけっこう高いので慎重に選びたいところですね。

ヤギくん
ヤギくん
数万円で購入して変な製品だったら嫌だよね

今回ご紹介した製品はこのクラスでは品質レベルはかなり高い方で、全体的にクオリティーが高いです。著者も実際に使用したことがある製品なので自信を持っておススメしています。

そんな私の経験を信じて頂き、皆様に良いシュレッダーを選んで頂ければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です