シュレッダー基礎知識

シュレッダーでホッチキスの芯や針はずす?故障や対応は針なしホッチキス?

シュレッダー ホッチキス 芯 針 はずす 故障 対応 針なしホッチキス

シュレッダーをする時にホッチキスの芯をはずずのは面倒ですよね?

会議資料などを処分するのにわざわざホッチキスの芯を外して資料をシュレッダーへ・・・

ヤギ先生
ヤギ先生
面倒だよね~

実際にシュレッダーの際にホッチキスの芯を外しているのは75%程というアンケート結果もあります。

最近は下のような製品も出てきてホッチキスの芯を外すのが楽にはなりましたが「はずす作業が無ければもっと楽なのに」と思っている方も多いでしょう。

そんな方に朗報です。

ご使用のホッチキスの種類にもよりますが、シュレッダーする際にホッチキスの芯は外さなくて問題ありません!

ヤギくん
ヤギくん
え?そうなんだ!

これを読んで安心してホッチキスの芯を切りましょう。

シュレッダーの前にホッチキスの芯は外さなくて大丈夫?

さきほど「ご使用のホッチキスの種類にもよりますが」と言いましたが、No.10以下のサイズのホッチキスの芯であれば問題ありません。

No.10というのは一番使われているサイズです。

そう、あの1センチくらいのサイズのものです。

あなたも使ったことありますよね?

ヤギくん
ヤギくん
僕が使っているのはこのサイズだな!

もしこれよりもあきらかに芯が大きかったり太いタイプの場合にはシュレッダーに入れるのはやめておきましょう。

しかし、投入したからと言ってすぐに壊れるか?というとそういうわけではありません。数回入ったところで何ともありません。

そもそも、シュレッダーのカッターはとても丈夫なんです!

シュレッダーにホッチキスの針を入れても大丈夫な理由

シュレッダーのプロである著者はシュレッダーの耐久試験としてホッチキスの芯を10万本切ったこともあります。

その経験から問題ないと言えます(笑)

ヤギくん
ヤギくん
う~ん(笑)信じていいのだろうか・・・

これは信じなくても良いですが、シュレッダーにホッチキスの芯を入れて良い理由は簡単です。

それは単純にシュレッダーのカッターの刃がホッチキスの芯よりも丈夫だからです。

ホッチキスの芯の種類を見ると「鉄」が大半で、中にはステンレス製のものあります。

基本的にはそのままの材料(生材)でさびにくいように、表面にメッキ処理をしているだけなので、強度的にはそこまで強くありません。

さらにホッチキスの芯は細いので、意外と強度的には弱いのです。

シュレッダーのカッターは家庭用や小規模オフィスの安いタイプだと鉄系の材質です。業務用になってくるとさらに硬くて高級な鋼(はがね)を使っている製品もあります。

基本的にはこの材質のカッターに「焼入れ」という加工をしてもの凄く硬くなっています。

日本刀を赤くなるまで熱して、トンカチで叩いて日本刀を作っているシーンを見たことがあると思いますが、あれは硬くするために熱を入れているんです。

ヤギ先生
ヤギ先生
刀鍛冶というやつだね!

シュレッダーの刃も同じように、硬く強くするため「焼入れ」をしています。

なので、非常に硬くて丈夫です。

もし近くにハサミがあればホッチキスの芯を切ってみて下さい。簡単に切れます。ハサミは刃こぼれしませんね。

一般的なハサミはステンレス製なので、シュレッダーのカッターよりも強度は弱いです。

それでも刃こぼれはしません。

シュレッダーでホッチキスの芯を切っても大丈夫なイメージが出来たでしょうか?

シュレッダーでホッチキスの芯を切るのは心配?

それでもシュレッダーでホッチキスの芯を切るのは心配!という方は下記の2点をおススメします。

[box class=”pink_box” title=””]

ホッチキスの芯の位置を意識してシュレッダーする

針なしホッチキスを使う

[/box]

ホッチキスの芯の位置を意識してシュレッダーする

文章や資料のどの位置にホッチキスをしますか?

左上、左真ん中に二か所などなど・・・

だいたい同じ場所にホッチキスをしている場合が多いと思います。

その文章をシュレッダーに入れる際に毎回ホッチキスの位置が同じだったらどうでしょうか?

一定の個所だけいつもホッチキスの芯を切っていたら、その部分のシュレッダーのカッターに負担が掛かるような気がしませんか?

ヤギくん
ヤギくん
まんべんなく入れれば負担は減るような気がする

もしどうしても、シュレッダーにホッチキスの芯を入れるのは不安だという方は、ホッチキスの芯が入っていく場所を変えてあげると良いかもしれません。

何となく長持ちしそうですよね。

まあ、そんなことしなくても大丈夫なんですが(笑)

シュレッダーは針なしホッチキスを使う

ホッチキスを切ること自体がどうしても納得できない!という方は「針なしホッチキスを使う」のはどうでしょうか?

ホッチキスは必要だし、シュレッダーでホッチキスの芯は切りたくないし、でもホッチキスの芯を外す作業は面倒。

こんな方は「針なしホッチキスを使う」のが一番良いでしょう。

上の製品であれば12枚まで綴じられるようです。5枚とかであればもっと安いものも多く出ています。

ヤギ先生
ヤギ先生
けっこう多く綴じられるんだね!

ホッチキスの芯を買う必要もありませんし、外す手間もありませんし、シュレッダーの心配をする必要もありません。

もし、シュレッダーにホッチキスの芯を入れるのはちょっと・・・という方は芯なしホッチキスを検討してみては如何でしょうか?

シュレッダーでホッチキスの針を細断した後の分別は?

シュレッダーでホッチキスの芯を切っても大丈夫って言うけど分別はどうするの?という方。

ヤギくん
ヤギくん
確かに紙と金属だよね~

実は分別しなくても大丈夫です。

下記はホッチキスの針のパッケージですが「ホッチキス針は古紙の再生紙工程で問題ありません」と記載してあります。

シュレッダー ホッチキス 芯 針 はずす 故障 対応 針なしホッチキス

リサイクル工程内で磁石によって綺麗に除去してくれるみたいです。

ヤギくん
ヤギくん
そうか!磁石であれば出来そうだね!

リサイクルなどの工場はこのような異物除去については非常に進んでいるので問題は無いようですね。

シュレッダーでホッチキスの芯はずす?故障の可能性や対応は?まとめ

以上がシュレッダーのホッチキスの芯についての解説でした。如何でしたでしょうか?

基本的にシュレッダーでホッチキスの芯は気にする必要はありません。(No.10以上のサイズや太い物はNG)

10万本以上のホッチキスの芯を切って耐久試験をしてきた著者が言うのだから間違えありません(笑)

もし心配されるようであれば、「ホッチキスの芯を簡単に外す製品」や「針なしホッチキス」などを検討するのも良いかもしれません。

数百種類のシュレッダーを見てきた著者が厳選するシュレッダーは下記へ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です